Sorry! Only Japanese Page !!


設立趣旨

富田林市は平成13年に工芸協会を設立しました。
富田林市文化連盟の傘下として活動することになりました。
工芸の内容としては、陶芸、七宝焼、ステンドグラス、刺繍、木彫
造花、籐工芸、アートフラワー、ガラス工芸、染色、押し花、編物
鉱石画、陶人形、漆工芸、木工芸などです。
役 員

活動



富田林市工芸協会展

規約


このページのトップへ戻る
このページのトップへ戻る
このページのトップへ戻る
このページのトップへ戻る

staff
activity
rules
exhibition
富田林市工芸協会 役員(平成23年〜24年)
富田林市工芸協会 役員(平成25年〜)
富田林市工芸協会 役員(平成19年〜22年)

第1回富田林市工芸協会展

 (2004年3月6日〜7日)

第2回富田林市工芸協会展

 (2006年3月3日〜5日)

第3回富田林市工芸協会展

 (2008年3月6日〜9日)

じないまち交流館工芸協会展

 (2009年3月1日〜31日)

「茶華創展」

茶華道連盟とコラボレーション

第4回富田林市工芸協会展

 2010年3月2日〜3日(引き続き工芸展のみ)

さ か そうてん

 2010年2月27日〜28日(コラボレーション)

富田林市工芸協会展「金剛展」

 (2011年3月4日〜6日)

第5回富田林市工芸協会展

 2012年3月15日〜18日

第6回富田林市工芸協会展

 2014年3月20日〜23日(予定)

展示会のお知らせ

市民文化祭 市民美術工芸展

 2017年10月6日(金)〜9日(月・祝)

 2018年2月1日(木)〜4日(日)予定

第8回富田林市工芸協会会員展

lastupdate 2017/08/21
富田林市工芸協会 加盟員(2017年7月現在、42名)
このページのトップへ戻る

工芸協会加盟員


member

富田林市工芸協会会則

(名称及び目的)
第1条 1 本会は富田林市工芸協会と称し、市民の文化向上に寄与するとともに会員相互の       作品発表と親睦をはかることを目的とする。                         

(事業)
第2条  1 本会は目的を達成するために次の事業を行う。                
       (1) 富田林市民文化祭美術・工芸展への開催協力。
       (2) その他目的達成のために必要な事業。

(組織) 
第3条 1 本会は、その目的達成に賛同する市内在住、在勤者及び近隣の居住者をもって組織す       る。
     2 本会に加入しようとする者は会員の推薦により、会長・副会長・事務局長が審議し、役       員の承認を得るものとする。
     3 本会は陶芸、七宝焼、刺繍、籐工芸、木目込、編物、パッチワーク、押し絵、押し花、ち       ぎり絵、木彫り、 木工芸、造花、染色、アートフラワー、ステンドグラス、鉱石画、ガラス       工芸、漆芸、その他の工芸に 関する部門をもって構成する。

(役員) 
第4条  1  本会に次の役員を置く。 
       (1) 会長      1名
       (2) 副会長    3名 
       (3) 事務局長   1名 
       (4) 会計      1名 
       (5) 運営委員   若干名
       (6) 会計監査   2名

(役員の任務)
第5条 1 会長は、会務を総理し、会議の議長を務める。 
     2 副会長は、会長を補佐し会長に事故あるときはその職務を代理する。 
     3 事務局長は、本会の事業遂行に必要な事務処理をおこなう。
     4 運営委員は、協会展等特別の行事がある場合その立案、計画、実施等運営にあたる。
     5 会計は、本会の会計を処理する。尚、預金その他会計事務処理の関係から当会の会       計上住所は会計人の現住所をもってあてる。
     6 会計監査は、会計の監査にあたる。

(役員の選出)
第6条 1 役員の選出は役員選考委員会が行い総会の承認を求めなければならない。
     2  役員選考委員会の委員は会長が指名する。

(役員の任期)
第7条  1 役員の任期は総会から2年間とし再選は妨げない。
      2 役員に欠員が生じたときはその都度役員会において審議し処理決定する。                                                                                                                                                     

(会議) 
第8条 1 本会は次の会議により会の運営に必要な事項を処理する。
       (1) 総会    毎年1回開催する。
       (2) 臨時総会  役員が必要と認めたとき開催する。
       (3) 役員会   必要に応じて会長が召集する。
     2 総会はこの会の議決機関で第4条の役員と会員で構成し、過半数(委任状を含む)の       出席がなければ開くことができない。
     3 総会の議事は,出席者の過半数をもって決し可否同数のときは議長の決するところに       よる。 

(会計)
第9条 1 本会の経費は入会金、会費、事業収入、補助金その他の収入をもって運営にあてる。       尚入会金並びに年会費はそれぞれ3,000円とする。

(慶弔)
第10条  1 会員等に慶弔ある時は、金額等は役員会にて決定する。

(その他)
第11条  1 この会則に定めていない事項は役員会において審議決定する。             
(附則)   当会の所在地は事務局長の現住所とする。
この会則は平成13年5月 6日より施行する。
この会則は平成14年4月21日より施行する。
この会則は平成17年4月24日より施行する。
この会則は平成18年4月15日より施行する。
この会則は平成19年4月15日より施行する。

富田林市工芸協会会員名簿
氏 名 ジャンル 役 職
松澤 政彦 木工芸 会 長
南  承吾 陶 芸 副会長
三浦 博子 籐工芸 副会長
松田  弘 木工芸 副会長
相木 守鋭 鉱石画 事務局長
山本 憲子 七宝焼 会 計
吉松 祥三 陶 芸 会計監査兼運営委員
村上 敬子 編 物 会計監査
室谷 定彦 ステンドグラス   
谷口  清 陶 芸   
室谷 芳子 七宝焼   
山田 洋子 押し花   
備後 硯夫 陶 芸   
実田 正章 木工芸   
松田千衣子 七宝焼   

山口  紘

編 物   
赤土 菜香 硝子工芸   
岡林 一恵 刺 繍   
中野 憲一 陶 芸 ヤングリーダー
中村 高子 籐工芸   
青木 圭子 押し花 ヤングリーダー
和田 陽子 陶 芸   
森  隆茂 硝子工芸   
今澤佐代子 アートフラワー   
真方 和美 陶人形   
野村 康男 能 面   
谷本 康子 陶 芸   
大谷 直子 皮革工芸   
吉村 弘美 木 彫   
内藤  健 木工芸   
吉田登志雄 木工芸 ヤングリーダー
安達 良夫 能 面   

岩子 歩弌

陶 芸   
岩子  苑 陶 芸   
高畑 絹代 ヒュージング   

江端 弘子

ステンドグラス   
駒田 義明 木工芸   
芳ケ迫悠紀子 編 物   

毛利八重子

皮工芸   
千原眞理子 ウッドバーニング   
田原智香子 陶 芸   
鮫丸 明子 陶 芸   
 役 職  氏 名 ジャンル
会 長 備後硯夫 陶 芸
副会長 室谷定彦 ステンドグラス
副会長 兼  運営委員 相木守鋭 木工芸
副会長 兼  運営委員 山田洋子 押し花
事務局長 谷口 清 陶 芸
会 計 室谷芳子 七宝焼
会計監査 兼 運営委員 実田正章 木 彫
会計監査 塚田菊子 陶 芸
富田林市工芸協会 役員(平成29年現在)
 役 職  氏 名 ジャンル
会 長 松澤政彦 木工芸
副会長 南 承吾 陶 芸
副会長 三浦博子 籐工芸
副会長 松田 弘 木工芸
事務局長 相木守鋭 木工芸
会 計 山本憲子 陶 芸
会計監査運営 吉松祥三 陶 芸
会計監査 村上敬子 編 物
 役 職  氏 名 ジャンル
会 長 相木守鋭 木工芸
副会長 室谷定彦 ステンドグラス
副会長 兼 運営委員長 谷口 清 陶 芸
副会長 兼  運営委員 山田洋子 押し花
事務局長 山田 逞 鉱石画
会 計 室谷芳子 七宝焼
会計監査 兼 運営委員 大西凱明 陶 芸
会計監査 村上敬子 編 物
運営委員  (相談役) 備後硯夫 陶 芸
 役 職  氏 名 ジャンル
会 長 相木守鋭 木工芸
副会長 南 承吾 陶 芸
副会長 中村高子 籐工芸
副会長 松田 弘 木工芸
事務局長 山田 逞 鉱石画
会 計 室谷芳子 七宝焼
会計監査 大西凱明 陶 芸
会計監査 村上敬子 編 物
工芸協会は目的を達成するために次の事業を行う。

(1) 富田林市民文化祭美術・工芸展への開催協力
(2) その他目的達成のために必要な事業
工芸協会会則第2条
代表者  西野信之(結成時)
結成   平成13年5月6日
加盟   平成13年5月6日
会員数  37名(平成25年4月1日現在)
入会資格 推薦
会費   年会費3,000円
      入会金3,000円

第1回工芸協会展

第2回工芸協会展

第3回工芸協会展

第4回工芸協会展

   

じないまち交流館

工芸協会展

第5回工芸協会展